HYDE

投稿日:2019-04-23 更新日:

HYDE 黑ミサ BIRTHDAY -EVE- イベントレポ

2019年1月に行われたHYDEさんのお誕生日イベント
HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黑ミサ BIRTHDAY -EVE-のレポを書いていきたいと思います。
ただ、私はこのイベントには参加できなかったので、参加された方のツイートを元に作成しております。

関連記事

HYDE 黑ミサ BIRTHDAY -TOKYO- Day1 ライブレポ
HYDE 黑ミサ BIRTHDAY -TOKYO- Day1 ライブレポ
イベント情報 HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黑ミサ BIRTHDAY -TOKYO- …

HYDE 黑ミサ BIRTHDAY -TOKYO- Day2 ライブレポ
HYDE 黑ミサ BIRTHDAY -TOKYO- Day2 ライブレポ
イベント情報 HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黑ミサ BIRTHDAY -TOKYO- …

HYDE 黑ミサ BIRTHDAY -WAKAYAMA- ライブレポ
HYDE 黑ミサ BIRTHDAY -WAKAYAMA- ライブレポ
イベント情報 HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黑ミサ BIRTHDAY -WAKAYAMA- …

HYDE 黑ミサ BIRTHDAY 和歌山追加公演ライブレポ
HYDE 黑ミサ BIRTHDAY 和歌山追加公演ライブレポ
イベント情報 HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黑ミサ BIRTHDAY -WAKAYAMA- …

イベント情報

HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黑ミサ BIRTHDAY -EVE- *HYDEIST会員限定公演
[日時]
2019年1月28日(月)
Open 22:00 Start 23:00(予定)
[会場]
ダイワロイネットホテル和歌山 4F ボールルーム グラン
※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
[チケット料金(税込)]
¥54,000
※全席指定
※和歌山県青少年健全育成条例に基づき、保護者同伴であっても18歳未満の方はご参加いただけません。

オフィシャルサイト

セットリスト

1. In The Air
2. LORELEY
3. MEMORIES
4. 永遠
—— カウントダウン ——
5. Anemone
6. 叙情詩
7. EVERGREEN
8. flower

オープニング

23時過ぎに開演。
A DROP OF COLOURのイントロが流れる中オーケストラが登場。

HYDEはステージセンターに座り、その周りをオーケストラが囲っている。
HYDEとオーケストラは向き合っている。
観客はオーケストラメンバーの後ろに座る。400人強。

司会はハイドラでお馴染みの下埜正太さん。
目の前のモニターの右上には、2019/1/29 00:00:00までのカウントダウンが。

HYDE: みんな遠いところよく来たね。
どこから来たの?和歌山の人ー?

(最前列ドセン8人位の人が手を挙げいて
座席も和歌山の人によくしてあげてるんだなと)

乾杯(In The Air前)

H: ようこそバースデーEVEへ!ようこそ和歌山へ!
客席: \歓声&拍手/
H: いやーどうしよう。1時間切りまして。あともう少しだよ。
最近周りに年上の人が全然いなくって。ふふふ。(笑)

H: (入り口で配られたみかんジュース)持ってる?これで乾杯しよ!
和歌山のジュースです。
僕はこっちなんですけど。(おそらくシャンパン)
では!40代最後に乾杯!!!
客席: \おめでとー!!!/
H: みんなありがとー!嬉しいなぁ。
(めっちゃ嬉しそうな顔。)

H: とうとうこの日がやってきたね。
みんなに祝ってもらって幸せです。
明日が本番なので、今日はパーティーがてらダラダラやらしてもらおうかと思ってます。

(ひこにゃんのピアノが小さいことについて笑い転げるHYDE)
H: 出てきたらピアノちっさいから笑った😆
ピアノ小さくて弾きにくくない?
hico: 大きさは関係ないです!(キリッ)
H: YOSHIKIさんは大きさは関係あるって言ってはったなぁw
YOSHIKIさんの上をいってはるw

LORELEYについて

H: 次の曲をやるのに15年ぶり?くらいにサックスの箱を開けました。
サックスは15年位前にやってて、昔は独学だったんですよ。
初めてのサックスみたいな本を買って、音感だけで自分で音探して。
独学で耳で聴いて吹いてたけど、謎が多い楽器だなって思ってて。
黑ミサをやるにあたり先生に教えてもらいました。
当時謎だったことが解けて、先生って重要やなと。

H: LORELEYはドイツのライン川を眺めながら作った曲で。
歴史っていうか、時の流れを感じながら。
ここをフランス軍が攻めてきたんやなー。
その時も今も変わらず川は流れてるんだなーと思いながら作りました。

HYDEヒストリー

H: 振り返りましょうか。
(目の前のモニターに1枚ずつHYDEの昔の写真が映し出される)
※下で載せている写真は実際に映し出されたものと違う可能性があるのでご注意ください。

1. 赤ちゃん時代

H: かわいいよねーふふふ。(笑)
生まれた時は和歌山駅と和歌山市駅の間くらいにあったおしゃれなマンションに住んでました。
僕は和歌山の都会で育ったんですよ、もう今はないかもしれないけど。
田舎にしてはそういうオシャレなとこで育ちました。

2. 1歳の時(白いハットに水色シャツを着用)
これは大阪万博で撮った。
1歳だね、おばあちゃんと両親と行ったけど覚えてない。ふふふ。(笑)
インパクトのある万博でしたよね。

3. 海(ビキニ姿)

H: 母が女の子を欲しがって、ビキニを着させられました。
加太海岸で撮った写真。
なんで僕だけ胸に布がついているのを着せられてるのかなぁ。
友達は布がないのになぁって思ってましたw
これもかわいいよねーふふふ。(笑)

4. 保育園時代

H: 保育園児ですね。さかえ保育園。
キーホルダーにもなってます。
まさか、こんな商売やるなんて(笑)
この頃は仮面ライダーの中に入りたいと思ってました。
チャックの中に入りたかった(笑)
泣き虫でいつも泣いてました。
自転車で保育園まで行ってたのを覚えてる。

5. 小学校時代(1979年、手のひらを広げて笑顔の写真)
H: これは運動会。10歳の頃。
泣き虫でよくいじめられてた頃。

6. 中学生時代(フェリーに乗ってる写真、1989/6/20)

H: 桜島に観光に行く時。
僕のルーツは奄美大島の喜界島なんです。
じいちゃんが住んでたんで会いに行きました。
初めて飛行機に乗ったのもこの時。
離陸する時に、ジャーニーのセパレイト・ウェイズを聴こうと思ったら
(カセットから)そのB面の曲が流れてw
でもそれも雰囲気が合ってていい曲だなって思ったりしてた。
海が綺麗で、星の砂拾って感動した。

7. キャンプ中、テントの横で友達と軍服を着ている写真(初出し)
H: 高校生くらいかなぁ。
5人でキャンプして。軍服着てみんなで焚き火してた。
寒い時期が好きで。なんで寒いのが好きかわかる?
虫がいないから!僕の血おいしいからね(笑)
夏は虫がいるから秋から冬にかけてよくやってた。
自転車でどこにも行ってたね。
この子たちは大親友でしたね、今でも仲良いけど。
小学校6年位から性格も変わってやんちゃになりました。

8. ギター振り上げてる16歳の頃
H: マンションの屋上、人が来ないとこで悪さばっかりしてました。

9. ギターを弾いている高校生時代
H: 市民会館みたいなところでライブをした。初ライブ。
これが初めて買ったギターだと思うんですけど。ジミーモデルの44マグナム。
マイケル・シェンカーが神ででもギブソンは高いからね

10. バンドのステージ上の写真(高校時代)
H: 左の白いギターが僕。
横の子がギター上手くて、僕がボーカルをやることになりました。
このベーシストが小山くん。
30歳で癌で亡くなった、EVERGREENのモデルです

11. タバコをくわえている写真
ガンズ・アンド・ローゼズに憧れてw
18かな?煙草吸ってる!いや、20歳です!

12. Jelsarem’s Rod(ジェルサレムロッド)(1990年)

21歳で大阪に行きました。
ジェルサレムロッドっていうバンドです。
このバンドで4回くらいライブしたんだけど、全部てっちゃんが見に来てました。
電話がかかってきて、「バンド調子どう?」「ええよ」「ええんかー(残念そう)」のやりとり。(笑)
この半年後の1991年にラルクアンシエルをスタートしました。

13. L’Arc-en-Ciel結成当時(1991年)

※上の写真は左から tetsuya(Ba)、hiro(Gu)、pero(Dr)、hyde(Vo)

H: Peroちゃんがいるね。ここからL’Arc-en-Cielが始まりました。

14. L’Arc-en-Ciel ken加入当時

H: ギターが変わりました(笑)
ギターが辞めるってなって、次の人探さなきゃってなった時に
kenちゃんのデモテープとか聴いてたから
あの子いいんじゃない?っててっちゃんと話してて。
真夜中に電話して断られたら嫌やから
ファミレスで朝まで待って、電話したら速攻OKで。ふふふ。(笑)
大学生で決まってた就職も全部ブッチして、すごい覚悟だったと思います。

15. L’Arc-en-Ciel Sakura加入当時

H: またドラムが変わりました。
このSakuraが強烈でw
途中から入ってきたのにすごい偉そうでw
最初は舵が取れなくなると思ったけど、でもすごく仲良くなりましたね。
今でも彼はすごく面白いです。

16. L’Arc-en-Ciel Sakura脱退当時

H: そしてドラムがいなくなりました。
客席: \wwwwwwwww/
H: 今でこそ笑えるけど当時は本当に笑えなかったなぁw
この時期暇だったんで、サックス練習したりしてましたね。

17. L’Arc-en-Ciel yukihiro加入当時

※ゆっきー加入当時のラルクのアー写で背景がオレンジ色のものが映し出されたらしいけど見つからず・・・。

H: そしてドラムが入りました。
kenさん、この写真別人みたいですよね。w
さっきの入りたての頃と比べたら別人のようにかっこよくなってるw
写真も撮られ慣れてきてるね。ポーズ決めたりしてるし(笑)

18. EVERGREEN発売当時

H: この頃は自分だけの作品を作りたかった。
ラルクだとどうしても、僕だけではなく他の人の手が入ってしまうから、自分の考えたものを作りたいなって。
家族は好きだし楽しいけど、自分だけの作品というか、自分だけの部屋が欲しくなった。
才能を爆発させたいって思った。
好きなものをいっぱい作りたいと思って1年間ずっと曲を作ってました。

19. VAMPS結成当時

H: ソロでやり始めてから、プロデューサーはK.A.Zくんしかいないと思って一緒にやりましたね。
そして2008年VAMPS結成しました。

20. VAMPSチリ公演

H: チリのライブ歓迎ぶりがすごくて、警察出動したね。

21. L’ArCASINO

H: ラルカジノですね

22. L’ArChristmas

H: もうこれなんて先月やん!

このコーナー中、カウントダウンに間に合わないのではということで
スタッフが慌ててスライドを進めるも、HYDEさん「早い」と。笑
きっと最初の方で時間使いすぎて最後の方駆け足だったんだろうな。笑

MEMORIES前

H: 幕張では号泣しすぎてちゃんと歌えなかったから、今日は頑張るぞ!歌えるかなぁ。
聴いてください、MEMORIES。
(この日は涙声になりそうでならなかったらしい。。よく頑張りました◎)

カウントダウン

H: (永遠前)え?!あと5分?!急がなくちゃ!えっと40代最後にこの曲を選びました。

永遠の途中でインスタライブがスタート。
なんと、永遠の演奏が終了したのはちょうど1分前!!
間に合ってよかったw

H: もうすぐだね。
客席: \歓声/
H: ありがとうございます。
ほんとに、この半世紀は、みんなに会えてよかったです。
客席: \歓声/
H: やばい。
本当に、ありがとうございました!

10秒前からみんなでカウントダウン。
0時ちょうどになると、上から金の紙吹雪が。

客席: \おめでとー!!!/

Happy Birthday to Youの音楽とともに
なんと、ケーキを運ぶDAIGOが登場!

H: え!?どうしたの!!?
(目をうるうるさせながらDAIGOに抱きつくHYDEさん)

H: なんで来てるの?忙しいのに。。😥
何回お祝いしてくれるの?3回目?
1回目は、yasuくんとDAIGOと3人で
2回目は、がっちゃん(GACKT)と
今回も😭😭😭💓💓💓
みんなにお祝いしてもらえて幸せだなぁ😭💓
DAIGO: 50回でも祝いたいですよ!!

DAIGOが軽く司会して、お祝いコメントムービーへ

お祝いコメント

1. ゴールデンボンバー
鬼龍院翔:
お世話になりまーす!
いやー、めでたい!
僕らが時間を使うのもなんなんで
ファンの皆さんと
HYDEさんを奉るべく!
国民の祝日です!
神の誕生日ですから!!
アゲアゲのブイブイで盛り上がってください!

喜矢武豊: はいちゃーーーん!

他の3人: 「・・・。」(固まる)

2. MIYAVI
MIYAVI: 一緒にやりましょう!

3. ジェジュン
大好きなはいどさぁ~ん♥
お誕生日おめでとうございます♥♥
大好きです♥
これからもたくさん素敵なかっこいい音楽を聴かせてください♥♥」

(大好きが溢れ出てる笑顔、なぜか音声と映像が合ってなかったらしい)

H: なんかズレてなかった?w

4. ももいろクローバーZ
ももクロ: 潮干狩り行きましょうねー!
(最後は恒例のメンバー紹介)

H: 自分らの宣伝してない?w

5. MY FIRST STORY Hiro
Hiro: 尊敬してます!

6. ASH DA HERO
ASH: 後輩として追いかけ追いつき追い抜くつもりで頑張ります。
あと、お食事誘ってもらうんですけど
HYDEさんって、天候操ったりするじゃないですか、
自分がドンつまってる(しんどい)タイミングで誘ってくれるので、そういうのもわかるのかと(笑)

H: いつも暇なんかと思ってたw

7. 清春
清春: あなたと出会って30年。
お互い変わったけど、今でも同じ歳というか
同じ世代の世の中のアーティストで唯一かっこいいと思えるのは貴方くらい。

H: これは嬉しいw

清春: 1月29日は黒夢が解散した日だから忘れない。
お互い頑張って…、まぁ言われなくてもHYDEくん頑張ってるんですけど
僕ももうちょっと頑張ろうかな。

清春: 2人ともおじいちゃんになって
喫茶店で2人でいても
僕らのことを誰も知らない時代になって
その頃に2人でジョイントコンサートとかやれたらいいなと。

(不思議なまで、ゆーーーっくり喋ってたらしい)

8. 氣志團
氣志團: 生まれてくれてありがとう!
(ハピバソングコント?を披露したとか)

9. GACKT
GACKT: ハイディーハイディー。
出会ったのは2002年。
HYDEのこと覚えてるのは、僕の家でMOON CHILDの台本読みをしてて
「がっちゃん、暗いよ…」って言われたから、ライターをHYDEに渡したら
「がっちゃん、熱いよ…」ってw
それが家に来た最後になった。
あれから16年?たまには会って飲みたい!
そして祝いたいよ、直接!
(愛が重いw)

10. YOSHIKI
2018年は、YOSHIKI feat. HYDEでREDSWANと
HYDE feat. YOSHIKIでZIPANGと、いろいろやって頂きました。
お互いの出会いとコラボに感謝しています。
HYDEにはそう思ってる人がたくさんいるけど
ボーカリスト、それ以上に存在自体が勇気を与える存在だから
また一緒になにかコラボ出来るのを楽しみにしてます。

11. Nikki Sixx

12. 中嶋朋子
(HYDEが北の国からの蛍役を演じていた時の映像が流れる)
(苗場か富良野でやったパロディかな?)
(めちゃくちゃかわいかったらしい…)

ここでDAIGOが退場。
D: HYDEさんとツーショットで写真撮りたいです。
YOSHIKIさんばりにセルフィーしちゃうぞ!
(連写26枚。HYDEさん爆笑。)

D: 最後にDAI語で…。
「HBDH」!!!!

ちなみにこの後DAIGOは客席の前方の椅子に座りライブを見てたらしい。
一般客に混ざり客席に座ったDAIGOはいつもに増して輝いていたらしい。
そしてHYDEさんとDAIGOはこの日合計5回ハグしていたそう…。
背の高いDAIGOに背伸びして抱きつくHYDEさん本当かわいい。

Anemone前後のMC

H: え!僕もう(50歳に)なっちゃったの!?
なっちゃったってことで50代最初の曲はAnemoneを選びました。

(Anemone)

H: (今日という日を迎えられて)嬉しいね。
歳をとって嬉しいという歳ではないかもしれないけど
(みんなにこうやって逢えると)少なからず間違っていない人生を歩んでいるんだなって思います。
半世紀生きてきた中で考え方も変わって
仮面ライダー、絵描き、イラストレーター、バンドマンと夢も変わってきたけど
当時なりに真剣だったし、親を超えていくような瞬間を感じるもある。

H: その折々に正解を選んでいるような気がする。
今から思うと、ちっぽけな自信に思えるけど
その時はすごい自信があって。
プロになってやる!って何の根拠もないのにすごい自信があって。
それを繰り返して現在に至ってるのかな、そんな感じ。

H: 歳とると涙脆くなって。。
ここ最近の黑ミサは恥ずかしいくらい泣いてるでしょw
あれは機能的に緩んでるんじゃなくてねw
1つの事を多面性で見れちゃうって、背景を考えて泣けてきちゃう。

H: さっきもね、DAIGO本当に忙しいんだよ。
なのにこのためにわざわざ(東京から)来てくれて。
その背景を想像すると涙出てきちゃう。
嬉しいよね、ほんとに。ありがとう。
(実際DAIGOが乗った新幹線の1本前が車両点検で80分停車したため和歌山に到着したのはギリギリだった模様)
(ちなみに私もDAIGOと同じ新幹線乗ってました)

H: 相手を思いやって、相手の意見を聞いてから言おうとか
そういう優しさって、日本人だけの特質だと思います。
涙が出るのも、相手のことをいろいろ考えられるようになるというか。

叙情詩後MC

H: 僕にできることは歌うことしかないけど
歌うことによって表現できるって幸せなことだと思います。
心を込めて自分の歌を歌うことが愛情表現になるということに
ファンのみんなを見ていて、50歳にして初めて気づきました。

H: 和歌山で生まれて、20歳までそこで育って。
20歳までって、人生の中でも濃いじゃないですか。
未熟なのに思い出深いというか。

H: 次はEVERGREENです。
亡くなった友達の気持ちを想像して創りました。
さっきの小山くん(EVERGREENの元になった友達)とか
人が死んでいくのが理解出来なくて。
おばあちゃんに対しても後悔しかない。
おばあちゃんにもっとこうしてあげたかったなとか。
もう1人おばあちゃんがいたけど、(そのおばあちゃんが亡くなった時も)また後悔が残ったな。
もう1人おばあちゃんいるからいいやと思ってたらすぐに亡くなっちゃって。。
経験しないとわからないんだよね。
それが和歌山で経験した大きなドラマです。

H: 人が死ぬって、その意味を考えると人生プラスになる。
災害もそう。災害の後、次はこうしようとか。無駄にしたくない。
死んだままやとそのままだけど、どうやったらもっとよかっただろう?って考えたりとか。
同じ病気にかからないように気をつけて、おばあちゃんが死んだことも意味があるものにしたい。
思い出してあげたり、こうしてあげればよかったと思うことで過去は変えられると思う。

H: それを伝えていけたら、命が続いていくというか。
繋がって成長しないと意味が無いような気がしてね。
寂しいのには変わりないけど、この先
(亡くなった人と)またどこかで会えるといいな。

H: 昨日、首の怪我をしたときに助けてくれた方に会いに行ってね。
ずっとお礼が言いたかったけど誰だかわからなくて、友達に探してもらった。
その方はもう亡くなってしまったんだけどお墓参りしてお礼を伝えることができました。
助けてくださった方は、地元の名士で消防団で活躍していたり、天皇陛下の表彰を受けるほどの立派な方でした。
あの方が助けてくれなかったら僕は死んでたと思う。
助けてくれた方に墓前でお礼が言えて肩の荷がおりたような気持ちです。

EVERGREEN後MC

H: ラストの曲はflowerです。
ほんとについ最近まであまり好きじゃなくて
去年からあ!いい曲だったな!って思えてきた。
もし去年僕が死んでたらこの曲は好きにならないまま死んでたことになるよね。笑
嫌いなものが好きになることもあるかもしれない。気がついてよかった。

H: 和歌山、、、遠かったでしょ?
僕もこっち帰ってくるときいつも遠いなぁって思うもん。
明日、ビックホエールでやるけど、できたのは20年くらい前かな。
誰がやんの?8500人とか和歌山誰もいてないのにwとか思ってて。
ビックホエールって名があるアーティストさんしか使わせてもらえないでしょ。
コブクロさんとか。僕でも無理だと思うもん。
けど今回は誕生日やし、平日だけど来てもらえるかなと思ったらたくさんの人が来てくれて
本当にありがたいです。みんなの愛情を感じます。

H: 未来は明るいと思ってて。
歳をとっても、新しいことを始められるから。
歳をとったからって理由で何事にも諦めることはない。
なにかを始めることに遅いはない。諦めることもない。
これからもやりたいことはまだまだある。
はっちゃけられるうちにはっちゃけて、自分の夢を叶えていきたい。
人生を逆算する年齢だからなお濃い人生を歩まないと。
昔より頭の回転早くなったしw
大事な1年を過ごしていきたい。

H: 僕ももう無理かなと思った時期もあったけど、、昔より激しいロックやったりね。
でもまだ全然やれるし!
みんな、いろいろ辛いこともあると思うけど、僕も辛いことはあるけど
僕がみんなの先を歩いて背中を見せるからついてきてください。

H: 過去は嫌なこともあったし、むかつく人もいたけど
それも今の僕を作ってる要素なんですよ。
こうやったら嫌われるんだ、好かれるんだ、って。
嫌なこともありながら悔しいけど、僕という人格を作ってるんです。

H: みんなに会えてよかった、この人生。
嫌なことがあっても素敵な未来が待ってるから
これからも一緒に歩んでいきましょう。
今日は本当にありがとうございました。

終演

H: (最後の曲を歌い終わって、温かい拍手の中、会場を見渡してを振りながら深く一礼)

H: いいスタートが切れたかな?みんなありがとう!

2時間15分で終演。お疲れ様でした☆

-HYDE
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

HYDE 12年ぶりにソロシングルを発売!

HYDE 12年ぶりにソロシングルを発売!【インタビューまとめ】 L’Arc-en-CielのHYDEさんが12年ぶりにソロシングル「WHO’S GONNA SAVE US」を …

HYDE 超多忙2018年を振り返り – 1~3月編 –

HYDE 超多忙2018年を振り返り – 1~3月編 – 2018年も残り1ヶ月切ったということで、 HYDEさんの今年1年をざっくりと振り返ってみました! みなさまのツイート …

SNOW MONSTER HOTEL 2019 イベントレポ 2

SNOW MONSTER HOTEL 2019 イベントレポ 2 今年もやってまいりました。 HYDEIST presents SNOW MONSTER HOTEL 2019 3/2(土)公演に参加し …

HYDE US TOUR 2019 まとめ

HYDE US TOUR 2019 まとめ HYDE US TOUR 2019 の模様をみなさんのツイートを元にまとめました。 Contents1 ツアースケジュール2 ツアーメンバー3 ツアー中の様 …

HYDE WORLD TOUR 2019 ASIA まとめ

HYDE WORLD TOUR 2019 ASIA まとめ HYDE WORLD TOUR 2019 ASIA の模様をみなさんのツイートを元にまとめました。 Contents1 ツアースケジュール2 …